リペア(補修)事例【かけはぎ(穴補修)】

かけはぎ(かけつぎ)とは、共布(同じ生地の端切れ。無い場合は裏側の部分から切り取った同じ生地)を使用して一本一本織り込んで、キズや穴を補修する特殊な技術です。見た目は100%元通りとはいきませんが、キズ・穴がきれいに塞がるので、大事なお洋服であればあるほど、かけはぎ(かけつぎ)による補修をお勧めいたします。

ジャケット、パンツ、スカートなどの「柄のウール素材で目立つ箇所」の穴・すりきれ等に、かけはぎは最適な補修方法です。また当店では「ニット」のかけはぎも可能です。ご相談下さい。

料金(税込)

縫う四方の長さによって、料金が変わります。また強度を保つため、穴・キズよりも少し大きめに補修します。

共布とは、洋服購入の際に、ポケットに入っている同じ生地の端切れのことです。もし共布がなければ、ポケットの内側など目立たない箇所の生地を切り取って利用させていただきます。

綿布生地、ビロード、毛糸製品、レザー、ジーンズ 等

かけはぎのできない生地でも、ミシンがけによる補修は可能です。詳しくはこちら

無地、カシミヤ、ドスキン生地(礼服等)、サージ、ギャバ生地(学生服・コート等)、シルク、混紡生地(化繊等)、薄くて透ける生地 等

かけはぎ加工もキズのある部分を修理いたしますので、新品同様に全く目立たず直すということはできません。素材や織り方によって異なる場合がございます。 (店頭ではサンプルをご覧いただけます)

上記について詳しくは、以下の方法でお問い合わせください!

  • メールでのお問い合わせ > こちらの専用フォームをご利用ください。
  • 電話でのお問い合わせ > こちらで住所、電話番号を確認の上、最寄の店舗にご連絡ください。